サイトメニュー

ストレスを溜めないように

看護師

環境を変えるのも良い

もっとも分かりやすい心の病気の症状としては、不眠状態が長い期間続くことが挙げられます。2週間から1ヶ月以上ほとんど眠れない状態が続く場合には、不眠症を発症している可能性が高いので精神科や心療内科に相談する必要があります。症状が軽いうちに通院することで、心が落ち着く方法をアドバイスしてもらえるのと同時に、睡眠薬や抗うつ剤などの症状にあった薬を処方してもらえるので安心です。まずは、きちんと睡眠を取れるようにすることで身体に負担をかけないようにする事が出来ます。また、他人や家族から見てうまく人間関係をこなしているように見えても、1人になった時に深く悩んだり涙が止まらなくなったりするような状態が頻繁にあるようなら心の病気である可能性があります。この場合には、家族や友人も気がつかないことが多いので自分自身で判断して通院することになります。電話やメールなどで相談に載っているクリニックもあるので、いきなり通院するのが不安な場合には症状を伝えて心が落ち着く方法などの対処法をアドバイスしてもらうと有効です。季節によって症状が重くなったり軽くなったりする心の病気もあるので、その場合には必要な時期だけ相談してみるなどの方法もあります。他にも、産前産後に発症しやすいマタニティうつや産後うつなどは、特定の状態の人にのみあらわれる心の病気です。結婚前にのみ症状が出るマリッジブルーなどの状態もそのひとつで、期間を過ぎてしまえば次第に良くなることもあります。どうしても症状が良くならない場合には、専門家に相談して心が落ち着く方法を教えてもらうと乗り切れるようになります。不眠症や感情の起伏が激しくなりすぎるなどの症状が続く場合にはうつ病である可能性が高く、症状が悪化する前に精神科や心療内科へ通院するのがオススメです。躁うつが激しい方の場合には治療を行わないでいると、対人関係が上手くいかなくなったり会社や学校での生活がしづらくなったりします。特に、心が落ち着く方法を身につけることがうつ病の治療においては重要です。睡眠障害などの症状は、睡眠薬や漢方薬で少しずつ緩和することが出来ますが、日常的な感情のコントロールは自分自身でも出来るように心掛ける必要があります。具体的には、ストレスを溜めないような環境作りやストレスの解消方法を見つけることが、治療の役に立ちます。どのようなタイミングで、感情がイラついたり辛くなったりするのかを日常的にメモしておくことで、医師に相談しやすくなるので記録をする癖をつけるといいでしょう。一見すると対人関係がうまくいっているように見えても、自分自身が相手に対して我慢し過ぎているようなら距離を置くことも必要です。本心では、どのような暮らしがしたいのかを自分で考えてやりたいことを我慢せずにやるようにするなど、やりたくないことはやめるなどが心が落ち着く方法であると言えます。住環境や職場に問題を感じる場合には、可能な範囲で環境を変えるために引っ越しや職場の移動なども検討すると良いでしょう。今までやってみたかった趣味を持ってみたり、行ってみたかった場所へ旅行してみたりするという行動も心が落ち着く方法のひとつであると言えます。自分自身の気持ちを抑制せずに、心を楽にしてあげることが大切です。