サイトメニュー

患者本人も家族も大事

悩む成人女性

サポートする側にも

うつの症状や、うつに近い症状が現れる人は、普段からストレスを強く感じている傾向があります。ストレスを感じすぎてしまえば不安や落ち込み、悲しみの感情が現れ、心が落ち着かなくなります。毎日のように緊張感が走り、精神が安定しません。病院で診てもらい薬を処方されても、精神が落ち着かず自分自身が不安定でどうすれば良いのかわからなくなることもあります。心が落ち込みやすくなりがちな人は、少しでも心が落ち着く方法を生活習慣に取り入れることが必要です。しかし、どのようなことをすれば良いのかわからないという人も少なくありません。いざ、行ってみても心が落ち着くことがなく、結局効果が現れずにさらに落ち込むこともあります。確かに心が落ち着く方法の効果は人それぞれ様々で、必ずしも「これが効果がある」と一概に言えるわけではありません。そのためにも、いろいろと試すことが要されますが、そのためにはなるべく本人が負担をかけずに行える方法を取り組むようにしていくことが大切となります。良い方法は、1つは読書です。なかでも純文学や教育小説のような内容を読むと、落ち着いて読むことができるようになり、脳の働きを良くさせていくことができます。しかしホラーやサスペンスのような刺激の強い内容はあまり良いものではないため、読む内容には注意が必要です。そのほかの良い方法では、アロマテラピーが効果的といいます。良い香りで気持ちをリラックスさせることができ、心が落ち着くという人はたくさんいます。ほかにも、リフレクソロジーやメディテーションも良いとされています。うつを発症してしまうと、患者本人のみならずその家族も大変です。家族のサポートなしでは、うつを治していくのは難しく家族は気を遣う日々が続きます。そのため、家族もうつを発症してしまう場合があるため気を付けなければなりません。うつにならないように、患者本人のみならず家族にも、心が落ち着く方法を生活の中に取り入れていくことが大切です。心が落ち着く方法は、実は脳を活性化させることにあります。うつは脳の働きが弱ってしまうことから発症すると考えられています。そのため、脳に良い栄養を与えることも必要です。脳に良いとされるのが不飽和脂肪酸というもので、主にえごま油やアマニ油に含まれている成分です。一時期脳に良いとされブームとなり、スーパーやコンビニなどでえごま油やアマニ油が売り切れてしまうという状態になったこともありました。それだけ脳に良い影響を与える効果のある不飽和脂肪酸は、何もえごま油やアマニ油でしか摂取することができないわけではありません。魚の油にも含まれているため、刺身やたたきを食べるにも効果があります。焼き魚でも効果はありますが、焼いている間に魚の油が落ちてしまうことがあります。その油に含まれているため、少々栄養素を逃してしまうこともあります。うつの患者をサポートする家族までが鬱になってしまえば、それこそ治療が遅れてしまいます。しっかり脳を活性化させることができるようにするためにも、普段の食生活でも気を配ることが大切です。そして、頑張りすぎないことでストレスをため込まずに過ごすことができます。